債務者と債権者双方合意のもと、「適正価格」で不動産を売却することです

 任意売却とは、不動産を売却しても完済できず、ローンが残ってしまう状況で、債務者(所有者、売主)と債権者の間に仲介者(主に不動産業者)が入り、 不動産を競売にかけずに債務者・債権者・買主の納得のいく価格で売却を成立させることです。

 何らかの事情で住宅ローンの支払いが困難になった場合、銀行等金融機関は、抵当権に従い不動産を差押え、 競売 にかけ換金します。 競売だと、いくらで落札されるかは競売開札日までわかりませんが、市場価格より2~3割低い価格になることが多いようです。 そこで仲介者が債務者と債権者の間に入り、両者に満足のいくような価格、競売よりは高い価格で売買を成立させることを、俗に任意売却と呼んでいます。

俗にといっているのは、経済破綻者の不動産売却 = 任意売却、任意売買(にんばい)等と呼ばれていますが、 相続、贈与、代物弁済、競売以外は、売主の意思(任意)での売買取引となるので、世の中の不動産取引のほとんどが任意売却となります。

 住宅ローンを滞納し続け、競売になってしまうと様々なデメリットが発生します。
同じ不動産を売却するなら(特に新しい生活を考える上では)任意売却は競売と比べて圧倒的なメリットがあります。

【メリット1】
不動産のお取引時にかかる以下の支払いも債権者より支払われますので、任意売却のご依頼人様のご負担は基本的に殆どございません。

  • 滞納分管理費(マンション等、管理費の有る場合) ⇒ 債権者が管理組合へ支払う
  • 滞納分住民税・固定資産税 ⇒ 債権者にもよりますが、債権者が物件管轄の税務署へ支払ってくれる場合も有ります
  • 抵当権解除による書類代 ⇒ 債権者が抵当権設定者・利害関係人へ支払う
  • 任売業者/不動産業者への仲介手数料 ⇒ 債権者が業者へ支払う

【メリット2】

  • 私たち業者を利用した場合、私たちが代理人となるのでご依頼人様は生活に集中できる。

【メリット3】

  • 市場価格に近い価格で売却が出来る為に、競売よりローンを多く返済できる。

【メリット4】

  • ご近所さんに多重債務・競売等を知られずに内密に売却できる。

【メリット5】

  • 話し合いにより、引越し費用、その他手当を受け取ることもできる場合も有ります。

【メリット6】

  • 話し合いにより、お引越時期の融通を聞いてもらえる。

【メリット7】

  • 任意売却終了後に残るローンの債務の返済額・返済条件の交渉を私たち業者が代理となって行い、少額返済を認めてもらえる可能性が高い。

状況を伺い、任意売却ができるかどうか、任意売却をするべきかどうかのお話をします。
その際、ご自宅に関するヒアリングを踏まえ、簡単な金額の査定をいたします。

冷静になった環境で、任意売却を行うかどうかの検討をしていただきます。

任意売却の決意及び弊社への依頼を決めた際には、スタッフにご連絡を伝えてください。
このとき、改めて、売却活動の委任に係る契約(専任媒介契約)を結びます。

借入先である金融機関などに対して、弊社スタッフが売却に関する話し合いを開始します。

相談者の方の状況にあわせた売却活動を開始いたします。
売却に関する希望条件があれば、承ります。

購入希望者様のご希望日時を承り、ご自宅の案内をいたします。原則、弊社スタッフが立会をします。内覧についての希望があれば、その都度、承ります。

購入希望者様が購入の意思と金額をご提示いただきます。
この際、購入申込書という書類の形式で、売主様及び金融機関へ、弊社スタッフが報告します。 関係当事者に関わる金額及び条件等の了解が得られましたら、売買契約に向けて段取りを整えます。

ご自宅を購入される買主様と売買の契約を締結します。
この時点で、まだ、お引越をお済みでない方は、契約後に新たな入居先を探していただきます。

ご自宅を買主様にお引渡しするため、お引越しを行います。

金融機関にて、買主様より残代金を受け取り、そのまま、金融機関の借入金の返済に充てます。
この際、引越費用などを金融機関に認めてもらえれば、費用の受け取りが可能となります。

任意売却を行う場合は弁護士に相談することが一般的かと思います。
しかし、実際の手続きを行うのは我々不動産業者が行います。スピードが重要な任意売却の場合、直接不動産業者に問い合わせをして頂いた方が 弁護士へ相談をするより早く手続きに移ることが可能です。
但し、全ての不動産業者が扱っている訳ではありません。依頼される際はまず問い合わせてみることをオススメします。